くだかけ生活舎・くだかけ山農園 ご案内

くだかけ会のこころのふるさと、「くだかけ生活舎」。
農作業や養鶏などを中心とした山の中の共同生活の場です。
  歴史      暮らし      利用するには      所在地

歴史

  • 昭和42年に青少年の生活道場「一心寮」として出発。
  • 昭和60年、不登校の子供たちの居場所として「くだかけ寮」を併設。
  • 平成5年、「くだかけ生活舎」となる。
  • 平成26年現在、循環型農業を実践する「くだかけ山農園」も活動中。

「本物に出会う体験」ができる場として、今日に至るまで、くだかけ会員を
中心に、たくさんの方々に利用されています。

ページトップ ▲

暮らし

くだかけ生活舎・くだかけ山農園は西丹沢大野山の中腹、標高450mの所にあります。
皆瀬川の谷を挟んで向こう側に丹沢の山々が連なり、相模湾も少し見える、四季折々に美しい場所です。

―くだかけ生活舎―
おとなも子どもも自然を味わい「よい生活」をします。
皆でご飯を作ったり、薪で風呂を焚いたり、″実感を大切に″暮らしています。
現代の文明の生活の中でどうしても抜けてしまいがちな、人間が人間らしく生きていくのに大切な体験がたくさんできます。
 ★ タネ合宿の開催(春・夏・冬)
 ★ くだかけ味わい会(年3回)
 ★ 創造とアートのつどい(初夏・初秋)

―くだかけ山農園―
自然養鶏を中心に、無農薬・有機栽培の野菜やお米を作っています。
無駄なものは一つも出ない循環型農業の暮らしは、山の自然を活かし、人と自然の共生・共存を目指しています。
 ★ 農作物の販売を通して自然を伝える
 ★ 農業をやってみようという子どもや若者を育てる

※ ご参考ページ:くだかけ山農園「お山のたまご」のページ


ページトップ ▲

利用するには

子供から定年後の方まで、親子・家族・友達同士で…
日帰りでも泊まりでも、山の生活を一緒に楽しむことができます。
※事前に必ずご連絡ください。
(基本的に一泊4,000円、泊まる方はシーツ・軍手・長靴・枕カバー持参)

ページトップ ▲

所在地


〒258-0121
神奈川県足柄上郡山北町皆瀬川1430
TEL/FAX:0465−75−0855


JR山北駅から徒歩で1時間半。車で15分。
旧246号線を松田方面から進むと、道路標識に「八丁(はっちょう)」が出てきますので右折してください。
川沿いの道をしばらく行くと、市間橋がありますので渡ってすぐ左折してください。
そこからは上り坂で、くねくね道をひたすら直進します。
四ッ角も過ぎ、その先の「一般車両進入禁止」の立て看板の辺りから舗装が途切れます。

ページトップ ▲

Menu

くだかけ会事務所

神奈川県南足柄市関本44-1
TEL/FAX 0465-74-4770
[通称=川の家]

代表者のブログ

安全・安心たまごと野菜

くだかけ誌最新号のご紹介